Homepage I

  • Commitment

    目利き力

    たくさんの魚を見て捌いて経験したから分かることがあります。活きて水揚げ活〆処理した生まぐろだけを目利きし買付けしています。買付けの基準は様々で・時期・漁獲する船・魚体のシルエット・尾から判断する身質・エラ、腹の内側などを目利きし、ライバルがいる中かけ引きをしながら買付しています。

Company Profile

Our Story

株式会社髙岡商店は生まぐろの水揚げ全国有数の和歌山県紀州勝浦港で生まぐろ買付およびロイン加工、 鰹の焼節製造を行っている会社です。卸売販売から小売販売までお客様のニーズに応じた商品製造と提案を行っております。

No1

高岡のまぐろはココが違う

紀州勝浦漁港で水揚げされる
たくさんの「まぐろ」の中から選ぶ

当社の拠点、勝浦漁港は、本州最南端和歌山県の南東部に位置し黒潮本流により好漁場を形成します。全国屈指の生まぐろの水揚げ量を誇る漁港です。買い付けライバルも多いのですが、沢山のまぐろから選べるメリットがあります。紀州勝浦港に水揚げされるまぐろの70%は12月から5月に集中します。

No2

高岡のまぐろはココが違う

近海漁獲、活〆水揚げの
鮮度の良い「生」まぐろ

はえ縄漁船による天然まぐろであり、漁獲されたまぐろは一本一本丁寧に活〆処理しています。目利きにより活きて水揚げされたものだけを選別買付けしています。また船内から出荷まで氷温保存することにより、モチモチの食感と旨味のある「生」まぐろです。

No3

高岡のまぐろはココが違う

全体の10%に満たない良質なまぐろを厳選
だから量販店様の売り場を作る生まぐろ

売り場を作る「まぐろ」です。 お客様を魅了して惹きつける旬の生まぐろを安定した品質と価格で出荷することをお約束いたします。 いつ来ても良いまぐろがあることが、まぐろはあそこで買おう♪ という消費を喚起させます。

how to eat

美味しい食べ方のご案内

生まぐろこだわり3
2019年8月18日

ねっとり濃厚♪生まぐろ紅白2色の丼ぶり

生トンボマグロは薄いピンクの色をそのまま活かしたお刺身で、生メバチマグロはしょうゆ漬けにしてさらに濃い赤色になりました。 漬けにすることでねっとりとした味わいも
まぐろ赤身のちらし寿司
2019年3月4日

ひな祭りのちらし寿司はまぐろ赤身

あかりをつけましょ ぼんぼりに♪ まぐろの赤身が主役になるちらし寿司がオススメです。写真はバチまぐろの赤身、とんぼまぐろを使用しています。他の具はムキえび、コハ
焼節カットの仕方
2019年3月2日

鰹焼節はどうやってカットする?

・鰹焼節は手でほぐすか、包丁でカットがおすすめです。 ・味のある柚子醤油味は味付けしているため、薄くカットかサイコロ状にカットすると味が均一になり食べやすいです

NEWS

当社からのお知らせ

2019年9月15日

南の海は熱低だらけ

九月いっぱい熱低が次々と現れます! 千葉県の大停電は南からの湿った熱気で命にかかわる暑さの中、一刻も早い復旧を願っております。 25日頃にはまた列島に影響する台
2019年9月7日

台風が来る!

九月に入り、南の方で熱低が次々生まれています。 陸地の被害も心配ですが マグロ延縄船の操業に影響して和歌山勝浦の水揚の減少が続いています。 台風は海を耕してプラ
2019年8月29日

一年ぶりの小田原港

カツオが500キロ、キハダ8本を水揚げしました!
2019年8月9日

台風

台風が次々とやってきます! キハダ9本コメジ 10本カツオ 15本、クロカワカジキ 80キロ 1本沖サワラ 1本持って三輪崎港に到着です。 御前崎に何回か水揚げ
2019年8月1日

和歌山勝浦港

今日は和歌山に水揚げしました。 16本でしたが児嶋のお目に叶うレベルがありませんでした! しかし、鮮度感で私が思ったより評価されて良かった!
2019年7月25日

青峰山

梅雨前線が北上した今日 、海と漁業の霊場青峰山⛰にお参りに行って来ました。 歴史あるたたずまいと重厚な寺院、周りを取り囲む深い緑の山々、、安全と漁
2019年7月23日

焼津に到着!

今回の出漁はとんだハプニングでした。銭洲の漁場で18本のキハダを釣り御前崎に向かって帰る途中プロペラに漂流物が絡み航行不能になり、保安庁に救助を要請しました。3
blank
2019年7月10日

クロカワカジキ

カジキは随分昔から狙って追いかけていました。黒潮に乗って7〜9月に日本の太平洋側大陸棚に回遊してくる旬の時期に格闘していました。今回は73キロで小さめでしたが肉
2019年7月10日

クロカワカジキ

しばらく、御前崎に日帰りで水揚げしていましたが今日はカジキを持って勝浦に帰港しました。 釣果はキハダ、カジキ、サワラ、カツオ 、ありました!
2019年7月5日

南西の風強く避難

  梅雨前線の影響で急に海が荒れて和歌山に帰れず1日だけの漁でしたが 19本のキハダを御前崎港に水揚げしました。
2019年6月29日

解体ショー&即売会

良いマグロが少ないこの時期に選りすぐりを選び自信の品質を提供できました。
2019年6月26日

6/29(土)スーパーセンター南紀店で解体ショー

紀南のマグロ代名詞ビンチョウマグロの解体ショーです。
2019年6月20日

帰港

今日、お昼に帰港しましたがやっと陸地をレーダーに捉えてました。 片道、17時間かかりました。(笑)
2019年6月20日

キハダ

  今回は道具が切れたりで14本のキハダ、カツオ、バショウカジキの子供などなど…
2019年6月9日

東京有楽町 和歌山アンテナショップ

有楽町交通会館    紀州館にて販促活動を行いました。全国加工食品品評会で東京都知事賞を受賞致し更なる認知度を高めようと活動致しました。
2019年6月2日

多分が確信

以前から時期、漁場により釣り上げる闘いにキハダの力強さが微妙に違う感覚を覚えました。 今回は18本のキハダは銭洲と言う比較的浅い漁場でした。 肉質が満足出来る物
2019年5月27日

一番!

    児嶋が選んだ、20本の中の一番の魚です!!
2019年5月27日

キハダ大漁

3日間、漁に出てました。 キハダ、20~40キロ20本、カツオ、シイラ、沖サワラ少々でした。
2019年5月21日

無印良品の北花田店にて解体、トークショー

5月11~12日、無印良品の北花田店で 解体、トークショーを行いました。 盛況のうちに3本のキハダとマカジキ1本が 売り切れました。
高岡商店ご挨拶
2019年2月24日

ホームページのリニューアル

いつも当社をご利用いただきありがとうございます。スマホからでも見やすくホームページのリニューアルをしましたのでよろしくお願いいたします。